FC2ブログ
単純に絵本が好きです。お気に入りの本を独断と偏見で紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なっちょんぺ
 
[スポンサー広告
『はつゆき』 西片拓史
はつゆき (レインボーえほん 19)はつゆき (レインボーえほん 19)
(2007/11)
西片 拓史

商品詳細を見る


<あらすじ>
小屋の中にしまってあった小舟を湖に浮かべ、漕ぎ出すふたり。
静かな夜にふたりは何を始めるのかな?
こどもがみーんな待っている、アレを作るためにやってきたんだよ。



可愛らしく、夢心地に浸れる本。
絵はベタな感じに仕上げていますが、たぶんこの作家さんは細密な絵も描ける人なんじゃないでしょうか?どんどん削って、減らしてシンプルな絵に仕上げているように見えます。表紙の水面の描き方、映り込み具合など、細かい部分の描き込みが素晴らしいです。
最近よく出版されている作家の意図するメッセージを押し付けるような作品ではなく、純粋なメルヘンの世界のお風呂にとっぷり浸かっているような気持ちになります。懐かしいというより、逆に新鮮。
スポンサーサイト
Posted by なっちょんぺ
comment:0   trackback:0
[あたらしいほん

thema:絵本の紹介 - genre:本・雑誌


comment
comment posting














 

trackback URL
http://fwj.blog98.fc2.com/tb.php/1-750f7b2c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。