単純に絵本が好きです。お気に入りの本を独断と偏見で紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なっちょんぺ
 
[スポンサー広告
『まんげつのよるまでまちなさい」
まんげつのよるまでまちなさいまんげつのよるまでまちなさい
(1978/07)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る



夏は何時来たの?と思うくらい、あっけなく秋になりました。いやまだね、実は期待しているのですよ、ぶり返しを。でも、無理そうですね、今年の夏は根性なしのようです。

さて、秋になってしまったのなら、もうあきらめて秋を満喫しようじゃないですか?
というわけで、中秋の名月の思って、こちらの本を紹介。

『まんげつのよるまでまちなさい』
マーガレット・ワイズ・ブラウン さく/ガース・ウィリアムズ え/まつおか きょうこ/やく ペンギン社 1978年刊

この本は「待つ」楽しみを知る本。なんて、一言でまとめると教育チックだから、やめたほうがいいですね。

「夜」を見てみたいあらいぐまのおとこのこ。母親にそれを伝えると「まんげつのよるまでまちなさい」と答える。

「よるってどのくらいおおきいの?」
「ふくろうをみてみたい」

などなど、おとこのこはいろんな疑問を確認したくて、母に頼むけれど♫いつも答えはお・な・じ 「あーとーで」♫じゃなくて、「まんげつのよるまでまちなさい」。

夜ってどんななんだろう?いつになったらみられるのかな?想像しながら、男の子は日々を過ごします。からだも少し大きくなりました。

ある晩、とうとう待ちきれなくなったおとこのこは宣言します。

「いいかい、かあさん。
 ぼく、これから もりへ
 よるを みにいくからね。
 いいでしょ?」

さぁ、おかあさんはなんと答えたのでしょう?

知らないことがあるって、恥ずかしくないこと。それを知るのって、本当にステキなこと。そして、それを待っている間って、サイコーに幸せで、愉しい時間だってこと!
スポンサーサイト
Posted by なっちょんぺ
comment:4   trackback:0
[ふるいほん

thema:絵本 - genre:本・雑誌


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。