単純に絵本が好きです。お気に入りの本を独断と偏見で紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なっちょんぺ
 
[スポンサー広告
『ながいよるのおつきさま』マーク・シーゲル絵/シンシア・ライラント文
ながいよるのおつきさまながいよるのおつきさま
(2006/01)
マーク シーゲル、シンシア ライラント 他

商品詳細を見る


今晩の月は、うっすら雲がかかっているため、縁取りがあやふやな感じだった。それを見て、この本を思い出したので、急遽紹介することにしました。

ネイティブ・アメリカンたちは、毎月現れる満月に名前をつけた。
例えば、1月hあらしのおつきさま「stormy moon」、2月は雪のおつきさま「snow moon」…、といった具合に。
母親は、胸に抱いた子どもに、それらの名前の由来を語り伝える。

自然の中に生きるネイティブ・アメリカンにとって、闇で覆われる夜は動物たちの時間であり、恐ろしさをも孕んだ神秘の時間である。子どもにとっては、まだ見ぬ魅力に溢れた時間でもある。
それゆえ、ネイティブ・アメリカンの親たちは、子どもたちに自然の怖さ、偉大さを伝えながら、しかしその中に共生していることを教えるため、そんな闇夜を照らす満月は「おまえのともだちだよ」と説く。

静かに、明るく輝く月。それは、何ものにも代え難い美しさである。


月の光には、銀色の特殊なインクをつかった印刷で、非常に美しい本に仕上がっている。
夜、そぉーっと一人で開きたくなる本。12ヶ月、満月の夜に開いてみてはいかが?

スポンサーサイト
Posted by なっちょんぺ
comment:0   trackback:0
[あたらしいほん

thema:絵本 - genre:本・雑誌


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。