単純に絵本が好きです。お気に入りの本を独断と偏見で紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なっちょんぺ
 
[スポンサー広告
『てをつなご』あいはらひろゆき
てをつなご。てをつなご。
(2008/02)
あいはら ひろゆき

商品詳細を見る


最近、児童書を多く手掛けているあいはらひろゆきさん。
元は広告代理店のマーケティングプランナー、バンダイのキャラクター研究所所長もしていたという、異色の経歴。イラストレーターのあだちなみさんとのコンビが多く、「くまの学校」シリーズが有名。

さて、新刊の『てをつなご』。
あだちさんとはまた違った画風の植田真さんが絵を描いている。主に白を貴重にした画面。
いしいしんじさんの本に挿絵を手掛けている植田さんの絵は、儚げで微かで、細いのに、伝わってくるメッセージは強いものがある。絵と絵の間の隙間の空間が雄弁なのだと思う。

原っぱに佇む少女。
目の前にいた子どもが、お父さんと手をつないで愉しそうに歩いて帰って行く。少女が振り向くとそこには、彼女のお父さんがいる。お父さんは、車いすに座っていた…。

子どもは大人が思っている以上に、いろんな事を理解し、受け止め、心を配り、気を使い生きている。
特に、この本の少女のように、家族に障害のある人がいる時、その辛さ、もどかしさ、淋しさ、理不尽さを受け入れて、一生懸命自分に納得させているのだと思う。普段は、そうやって生活していることが自分にとって「普通」であるから気にも留めてなかったのに、ある日、別の人を見て、その違いを認識せざるを得なくなり、それに対する感情を溢れ出させてしまう瞬間は必ずあると思う。わかっているけれど、責めたくなる気持ち。

手をつないで歩けない父に対して、溢れる気持ちをぶつける少女。静かに受け止める父親。

時は流れて、少女は大人の女性になり、父親もおじいさんになっている。
2人はまた、同じ原っぱへやって来た。車いすを押しながら…。

スポンサーサイト
Posted by なっちょんぺ
comment:0   trackback:0
[あたらしいほん

thema:絵本 - genre:本・雑誌


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。