単純に絵本が好きです。お気に入りの本を独断と偏見で紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なっちょんぺ
 
[スポンサー広告
『ケチャップマン』鈴木のりたけ著
ケチャップマンケチャップマン
(2008/01)
鈴木 のりたけ

商品詳細を見る


先日、待ち合わせで行った丸善で見つけた本。
題名から、図書館じゃ扱わなそうな感じ、しかも自費出版を多く手掛ける(=作品のレベルが揺れやすい)出版社だし、その出版社が絵本を出すこと自体びっくりだったので、こういう機会じゃないと、と思って手に取った。

おお!
この表紙。シュール!
こういう不気味なの、私だーいすき。
ケチャップマンと云いながら、容器に入ってないし、トマト買ってるし。もしかすると、これからケッチャップができるまで、とかいう話になるのか?と思ってページを開く。

<あらすじ>
ケチャップマンはケチャップ容器。屈めばケチャップ、飛び出す始末、何分見た目がこれでは就ける仕事もひとつもない。それでも、なんとかポテトフライの専門店に雇われた。個性を生かせる仕事でなく、怒鳴られなじられフライを必死を覚える日々。ところがある日、やって来たるはトマト頭のトメィト博士。あれがほしいと、指差す先に「ケチャップマン」!




とまぁ、これから先は読んでのお楽しみ。こう云う本は、説明しても面白くない訳で、気になった人はなんとしても現物を見てみてね。
本文も7・5調の調子のいいリズム感。作者のHPにリライト前のストーリーが出ていますが、えらく説明調の長い文章です。それに比べ、絵本になった削りに削った文章でこそ、このシュールなイメージをうまく引き出しているように感じます。

気持ち悪い、と云う人が多いと思うし、後世に残る不朽の名作には恐らくなりはしないと思うけど、健全じゃない絵本っていうのも必要だと思うのよ、わたくしは。

スポンサーサイト
Posted by なっちょんぺ
comment:0   trackback:0
[あたらしいほん

thema:絵本 - genre:本・雑誌


予告
近日中に紹介するよ。
『ケッチャップマン』!
Posted by なっちょんぺ
comment:0   trackback:0
[あたらしいほん
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。